配信結果の分析

どれくらい読まれているのか把握する

メール配信システムを選ぶときには、配信結果の分析もチェックしておきたいポイントです。検証や分析が不十分だと、メール配信の効果も分からなくなってしまいます。配信したメールがどれくらい読まれているのか、案件や購買につながっているかを把握しなければなりません。メールを受け取ってくれる見込み顧客を生かすためにも、配信結果の分析が必要になってきます。メールの開封率は、前回の数字と比較していくのが基本です。メールに掲載されている、URLのクリック率も確認しておきましょう。顧客がどんな分野に興味があるのかも把握でき、その後の分析にも生かせます。メールを個別に検証すれば、改善方法も見つかりやすくなるでしょう。

使いやすさも比べてみる

メール配信システムは多くの会社が提供しており、使える機能も違いがあります。配信結果の分析は標準的な機能なので、画面の使いやすさを比較してみるのがおすすめです。集計結果の見やすさや、直感的に操作しやすいことも選ぶポイントになってきます。分析が優秀なシステムでも、操作画面が使いにくいと作業時間も増えてしまうでしょう。データの集計だけでなく、レポートの作成までの流れもチェックしておくと安心です。データの流し込みが手順化されていれば、レポートもスピーディーに作成できます。分析結果を素早く出すことで、より効果の高い施策も考えるはずです。システムを上手く活用するためには、使いやすさにも注目してみて下さい。